お問い合わせ

『 不安 』を『 安心 』に。『 困った 』を『 良かった 』に。書類代行は行政書士わたらい伸明事務所にお任せください。

解体工事業登録
 解体工事をする場合は
  • 建設業許可(建築・土木・解体)のいずれか
  • 登録
  •  のどちらかが必要です。

    サポート内容

  • 要件確認
  • 書類作成
  • 必要書類収集(別途費用)
  • 代行申請
  • 解体工事登録の要否

  • 解体工事を行う場合は許可または登録をしなければできません。
  • 「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」の規定により、解体工事業を営もうとする方は、解体工事を行おうとする区域を管轄する都道府県知事の登録を受けなければなりません。

    解体工事業の登録が必要な方(愛知県ホームページ)

       ↓ ↓

  • 「土木工事業」、「建築工事業」、「解体工事業」のいずれかの建設業許可を持っている場合は登録不要で500万円以上の工事を請け負うことができます。
  • 建設業許可はこちら

  • 上記の建設業許可を持たずに解体工事を行う場合は、登録をすることで500万円未満の工事が可能になります。

  •    ↓ ↓

  • 登録にはいくつかの要件があります。
    そのうち技術管理者は、「資格」または「年数」を満たす必要があります。
  • 資格基準の区分 資格基準の内容
    所定学科+実務経験 高校(所定学科)又は中等教育学校(所定学科)卒業+実務経験4年以上
    大学(所定学科)又は高等専門学校(所定学科)卒業+実務経験2年以上
    実務経験 実務経験8年以上
    建設業法[技術検定] 1級建設機械施工技士
    2級建設機械施工技士(種別が「第一種」又は「第二種」に限る。)
    1級土木施工管理技士
    2級土木施工管理技士(種別が「土木」に限る。)
    1級建築施工管理技士
    2級建築施工管理技士(種別が「建築」又は「躯体」に限る。)
    建築士法[建築士試験] 1級建築士
    2級建築士
    職業能力開発促進法[技能検定]+実務経験 1級(検定職種が「とび・とび工」に限る。)
    2級(検定職種が「とび」もしくは「とび工」に限る。)+実務経験1年以上
    技術士法[技術士試験] 第2次試験のうち技術部門が「建設部門」に限る。
    所定学科+実務経験+講習 高校(所定学科)又は中等教育学校(所定学科)卒業+実務経験3年以上+講習
    大学(所定学科)又は高等専門学校(所定学科)卒業+実務経験1年以上+講習
    実務経験+講習 実務経験7年以上+講習
    国土交通大臣が登録する試験 解体工事施工技士(実施機関:(社)全国解体工事業団体連合会)
    国土交通大臣による認定 国土交通大臣が上記①~⑨に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有するものと認定した者

       ↓ ↓

  • 複数の都道府県で解体工事業を営む場合は県ごとに登録が必要です。
    都道府県ごとに書式などが異なりますので、事前に確認し、他県の書式を使わないように気をつけましょう。
  • ご依頼の流れ

      お電話ください
      「愛知県で解体工事業の登録がしたい」などと伝ええていただければと思います。
      電話に出られないときは留守電に解体工事業登録の旨を伝言に残してください。携帯電話から折り返しご連絡させていただきます。





      着手金をお支払いください
      まずは申請内容の確認させていただきます。速やかにご準備いたします。





      申請いたします
      書類が整いましたら申請いたします。 申請してから、およそ30~40日程度かかります。


         ↓ ↓ 

      弊所が解体工事業登録をサポートいたします。



    料金

    内容 報酬額
    新規 55,000円~(税込)
    更新 44,000円~(税込)
    備考
  • 報酬額は税込の総額表示です。
  • 対応地域は愛知県と静岡県(浜松)です。
  • 登録申請手数料は「新規33,000円」「更新26,000円」となります。(愛知県と静岡県の場合)
  • 住民票・郵送料などの実費は加算させていただきます。
  • 着手金として、新規は33,000円、更新は26,000円を頂戴します。後ほど料金に充当いたします。
  • 申請先が複数の場合は別途お見積りいたします。


  • 内容につきましては、予告なく変更させていただく場合がございます。
    あらかじめご了承ください。
    ページのトップへ戻る